埼玉県蓮田駅東口 徒歩1分 鍼灸、整体、不妊専門、冷え、肩コリ、頭痛、めまい、耳鳴り、蓮田メディカル針灸治療院へどうぞ

坐骨神経の痛み

坐骨神経の痛み


坐骨神経の痛み


坐骨神経の痛み

坐骨神経の痛み


〇臀部の後ろに痛みがいつもある

〇股関節あたりに痛みを感じる

〇臀部と腿の付け根が痛い

〇股の後ろや、ふくらはぎに張る感じがある

〇立ち上がりや起き上がる時に痛みが走る

坐骨神経の痛み


坐骨神経の痛み

坐骨神経の痛み

坐骨神経の痛みの原因は,腰や臀部で神経が圧迫されることで生じてしまい
臀部から太腿の後側やふくらはぎ後ろや外側にかけて痛みがあります。

坐骨神経は臀部、太腿の裏など、下半身の後ろを通っている為、症状が深刻になると
痛みの他に、脚の痺れが徐々に下まで伸びて、指先まで痺れるケースもあります。

また、天候によっても坐骨神経の症状が不規則に変化するという特徴があります。
特に坐骨神経の痛みがぎっくり腰やヘルニア以上に長期的な症状に悩まされる
点は、それまでの蓄積されて変化した腰や下肢にあります。

坐骨神経は腰から出ている末梢神経で、その神経に沿って痛みや痺れが起きるので、痛みで日常生活に支障が出たり、夜中に痛みで目が覚めてしまう場合など睡眠
にも悩まれている方も沢山みうけられます。ストレスも大敵です!!

その反面、坐骨神経の痛みはぎっくり腰や椎間板ヘルニアのように極端な激痛が、常に
襲ってくる事があまりないので「我慢できない痛みではない」という気持ちから油断してしまい症状を悪化させてしまうケースも多く見受けられます。

症状が軽い状態や、臀部、太腿の裏などに違和感を感じ始めた初期の状態で
整体・鍼灸を受けることは他の部位に波及せず改善する時間が短縮されます。
腰は生活、仕事、スポーツ活動する要です。これから先をみて早期に施術を受けてください。




鍼が苦手、整体はなにをするの?、しびれがあるけど対応できますか?・・など
なんでもお聞きくださいね!

施術 完全

  • 鍼灸や整体をご利用者様にとって最も効果があがる施術をご提供いたします
  • 症状の再発防止を目指して根本的な原因(骨格のゆがみ・筋力低下)から改善します


坐骨神経の痛み

坐骨神経の痛み

当施術院の整体・鍼灸・運動療法で多くのご利用者様から喜びの声をいただいております。
・足腰、太ももの激痛、しびれが改善した
・長時間歩けるようになった
・コルセットやシップ、痛み止めを使用しなくなった
・毎日すっきり目覚めて愛犬と散歩ができる
・ゴルフが、できるようになった



坐骨神経の痛み


坐骨神経の痛み



坐骨神経の痛みには2通りあり、神経性と筋肉性です。

原因は、腰の椎間板が変化、神経の管が細くなった、坐骨神経に圧がかかっている状態などです。

「筋肉性」由来の原因としては腰や臀部などの筋肉が過緊張して、坐骨神経を圧迫している状態です。

坐骨神経の痛みを発症する方の大半が、過去に腰痛の経験を持ち、普段の姿勢や偏った動作、運動不足や加齢等での筋肉の低下からつらい症状に至ってしまうケースがみられます。

東洋医学からの原因は、冷え性や水の代謝が悪い方(むくみ易い・太っている等)
です。

手足の冷えを改善するとスっーと痛みが改善する方もおりますが、長期に悩む
大半の方は、体のバランスを崩したままの生活習慣の結果、発症しているため
原因は複雑に絡んでいます。

当施術院の整体・鍼灸は全身のバランスを整える施術を中心に、骨盤の矯正を
おこないます。

日常の姿勢・筋力強化などもアドバイスいたしましてご本人が気がついていなかった
原因もお伝えいたします。

蓮田市の蓮田メディカル針灸治療院では痛みを取るだけでなく、腰や脊椎のゆがみを改善して、メンテナンスの必要性をしっかり伝え理解して頂きます。決して
その場しのぎの施術はおすすめいたしません。

皆様方が毎日一日でも多く長く快適に暮らせるように全力でお手伝いいたします。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional